MAXBLEND®(マックスブレンド®)とは

独自の翼形状が生みだす画期的な撹拌特性

MAXBLEND®(マックスブレンド®)はボトムパドルと上部グリッドを一体化したユニークな撹拌翼の採用により、他の翼では実現出来ない、理想的な流れを形成します。

フローパターン

MAXBLEND®(マックスブレンド®)は槽全域にわたる上下循環流の形成により、良好なフローパターンを形成します。

MAXBLEND®(マックスブレンド®)翼

ボトムパドルからの強い吐出流により槽壁に上昇流が発生し槽内全域にわたる全体循環流が形成されます。

TURBINE2段翼

上下2段翼からの吐出流により段中間部分に流れの干渉が発生し、槽上下方向で分割された二つの循環流が形成されます。

混合メカニズム

多段TURBINEでは上下翼各段で独立した小循環流が形成され、液面に供給された液はまず上段循環流内で分散し、下段部分への分散が大幅に遅れます。

また、槽底部は軸下端部で吸い込み流が発生し、軸下部に滞留部が発生しやすくなります。槽底排弁部に付着・凝集物が発生する原因となります。

MAXBLEND®(マックスブレンド®)の特長

適用実績紹介

1985年の一号基納入以来、約2,000基の納入実績を有し、お客様の様々な用途に使用されています。

撹拌対象 プロセス・操作 製品・用途例
固・液撹拌 懸濁重合 PVC、PS、吸水性ポリマー
晶析操作 冷却晶析、反応晶析、濃縮晶析
塩析・酸析操作 クラムフォーマー、ABS等析出缶
粉体・樹脂の溶解 PVA、酢酸セルロース、リグニン
液・液撹拌 液・液撹拌 ABS、PVCペースト、酢ビ、アクリル系エマルジョン
溶液重合 BR、AS、熱可塑性エラストマー
塊状重合 PS、PMMA、スパンデックス
脱水重縮合 生分解生ポリマー
気・液撹拌 水添、塩素化反応 ポリマー水添、油脂、アミン
EO、POの付加反応 界面活性剤
高粘度ガス吸収反応 熱可塑性エラストマー
高粘度系培養 バイオポリマー、バイオセルロース

こちらから、より詳細な技術情報・適用事例がダウンロードいただけます。

動画で見るMAXBLEND®(マックスブレンド®)の特長

MAXBLEND®特長紹介ムービー

独自の翼形状が生み出す画期的な撹拌特性 MAXBLEND®

MAXBLEND®は、ユニークな翼形状の採用により、他の翼では実現できない理想的な流れを形成します。 1985年の一号基納入以来、約2,000基の納入実績を有し、低粘度から高粘度の混合、固体分散、ガス吸収、乳化重合など、様々な用途に使用されています。 こちらの動画ではMAXBLEND®が形成する理想的なフローパターンと特長について、分かりやすくご覧いただけます。

動画を見る

試験装置紹介

種類 20Lコールド試験機 200Lコールド試験機 3m3コールド試験機 100L
反応供試槽
標準液量 約20L 約200L 2500L 100L
材質 透明アクリル 透明塩ビ SUS304&透明PC SUS316L
設計温度 常温 常温 常温 250°C
設計圧力 常圧 常圧 常圧 FV
~5Kg/cm2
モータ定格 0.4 3.7 15.0 3.7
装置全景

MAXBLEND®(マックスブレンド®
に関するご相談

お電話・FAXでのお問い合わせ

Tel: 03-6737-2680

Fax: 03-6866-5123

WEBでのお問い合わせ
フォームに移動します。

お問い合わせフォーム